ETCカードの基本的な使い方②ICでの使用・トラブル編

ETCカードを利用できるようになったらいよいよ高速道路を走行して実際にETCを利用してみましょう。

料金所での使用方法

高速道路を降りる時、必ず料金所を通過します。

一般の通行レーンとETC専用レーンがあるので、ETC専用レーンへ並びましょう。

車載器の情報を読み取るレーンがあるので、そのレーンをくぐると自動的にETCカードから清算され、目の前のバーが開き通行可能となります。

レーンを通過する際は時速20キロ以下となっていますが、車の込み具合によっては徐行する必要があり、ゲートを通過する場合は必ず一時停止をしなければなりません。

電光掲示板の表示にも十分注意しましょう。

また、二輪車の場合は四輪車との車間距離に注意しましょう。

スマートICとは

最近はETCカードを持つドライバーの高速道路利用の普及のために、「スマートインターチェンジ(スマートIC)」が設置されているのはご存じでしょうか?

スマートICは、サービスエリア・パーキングエリアやインターチェンジなど、全国に数十か所設置されています。

気軽にETCカードを使って高速を乗り降りするために作られたICなので普通車は通過することができません。

スマートICはそれぞれ利用時間が異なっており、終日走行可能なところもあれば6時~22時までというところもあります。

また、高速を走行したあとSAやPAで流行りのグルメやショッピングを楽しんで、一般道に降りることはできますがガソリンスタンドを使用したら一般道に降りることができないなど細かいルールもありますので、詳しいことはネットなどで確認してみましょう。

よくあるトラブルや解決策

ETCレーンを通行する時に、何らかのトラブルがないとも言い切れません。

通過した時に速度が速すぎてETCが反応しなかったということもあります。

この場合は事故を防ぐためにもバックして戻ることは厳禁です。

そのまま通過して、高速道路の会社に後日連絡しましょう。

また、通行バーが開かなかった時は一般の通行レーンの係員に直接料金を払うことができます

たまに有効期限が切れたETCカードを挿しっぱなしにしていて有効期限に気付かず、ETCを通過する時に初めて通過できなかったことで気付くこともあるかと思います。

その時も現金で支払いましょう。

いずれの場合も車からは決して下りないことです。

レーンの脇に呼び出しボタンがあるので車の中からそれを押すことになります。