高速道路でトラブルに巻き込まれたとき高速料金はどうなる?

ふだん電車に乗っていると、事故やトラブルで電車が使えない時があります。

その場合、証明書や定期があれば振替輸送で他の沿線に乗れるサービスがあります。

車の場合はどうでしょう。

高速道路を走行中、予期せぬ交通事故や土砂崩れなどの災害で通行止めになってしまうことがあります。

この場合乗り継ぎ証明書の発行やETCで走行している場合の料金処理はどうなるのでしょうか?

また、誤ってETCレーンでなく一般レーンに入ってしまった時の料金はどうなるでしょう?

通行止めの時の対応

通行止めでやむを得ずいったん高速を降り、別のインターから入り直し目的地で降りた場合の通行料金はどうなるのでしょうか?

高速道路は、「長距離逓減制」を採用しているため走行距離が長いほど通行料金が安くなります。

一回高速を降りて再度乗り直すと、長距離逓減がリセットになるため何も申告しなければ通行料金は割高になります。

そのため、通行止めなどで降りなければならない料金所では「」を発行してもらうことができます。

再度乗り直す際に「入口通行券」をもらう必要があり目的地の料金所で乗り継ぎ証明書と入口通行券を提出すれば、調整した通行料金で支払うことが可能です。

ETCカードで走行をしている場合は、特に上記のようなことをする必要はありません。

そのまま高速の乗り降りをするだけで自動的にETCの方で料金調整をしてくれます。

ちなみに、自分のミスで目的地でないところで高速道路を降りてしまい、再度乗り直して目的地で降りた場合はETCであっても一般であっても通行料金の調整はできません。

一般レーンでもETCカードは利用できるのか

もし誤って一般レーンに入ってしまった場合はそのまま係員に申し出払うことになります。

ETC割引」は適用されないので注意しましょう。

他にも、深夜割引・休日割引・平日朝夕割引など、ETCに関する割引は使えなくなります。

ちなみに、ETCレーン側の不具合で入場の際にレーンを通行できないケースもあります。

その場合は入場時に一般レーンで「通行券」をもらうことでETC割引は適用されます。

ですが、その制度を適用していない一部の地域では、一般レーンで通行券をもらっても原則ETC割引は使えません。

その理由として費用負担の問題があります。

高速道路の整備費用は自治体が負担するか、高速道路管理会社のどちらが負担するかで折り合いが付かないことが多いからです。