レンタカーでETCカードを利用する

新幹線や飛行機での旅先でレンタカーを借りて高速を利用するけどETCカードを忘れてしまったという場合や、ETCカードは持っているけど自動車を持っていないためレンタカーをいつも使っている・・・などいろいろなケースがあります。

レンタカーを利用する際は、ETCカードもいろいろな使い方があります。

【自分のETCカードを利用する】

現在、各レンタカー会社で扱う車種にはほとんど車載器が設置されており、ETCの利用に対応しています。

もし自分のETCカードを持っているなら、カード会社のポイントや特典を受けられるため、ぜひそのカードを利用しましょう。

利用方法ですが、通常のETCの利用と全く同じで、ETC専用レーンを通過するだけです。

精算は自分のETCカードで行われるため、後日クレジット会社から請求され引き落としされます。

もしETCカードを使わない場合は現金精算となり割引がききませんので注意しましょう。

【ETCカードをレンタルする場合】

レンタカーで高速を使うけどETCカード自体を持っていない、レンタカーで自分のETCカードを使おうと思ったら、うっかり自分の車の車載器に挿しっぱなしにしていたので忘れてしまった・・・こういったケースの場合はETCカードをレンタルすることができるので安心してください。

ETCカードはほとんどのレンタカー会社で車と一緒に借りることができます。

レンタル料金は数百円なので、ETCカードを持たず現金精算するよりも面倒でなくオススメです。

ただし、カードのレンタル時にデポジットが数千円かかるレンタカー会社もありますのである程度の現金は用意しておきましょう。

気になる道路料金ですが、レンタカーとETCカードを返却する際に一括清算となります。

ETCカードの走行料金は記録されているため、返却時にすぐ精算額がわかるためです。

万が一、通行止めなどでいったん高速を降りなければならない場合、申告と乗り継ぎ証明書の提示で乗り継ぎ料金が精算される仕組みにはなっていますが、一部のレンタカーショップでは、「通行止め時の乗り継ぎ料金調整」が適用外となるときもあるので注意が必要です。

【車載器とETCカードのレンタル】

車載器とETCカードをセットでレンタルしている会社もありますが、レンタルをするごとにセットアップをし直す必要があります。

その料金がかさむため、レンタル料金は大変高くなっていますのであまりオススメとはいえません。