一枚のETCカードを複数の車で使いたい

ETCカードを作成した時に、車載器も同時にセットアップしてもらったので、自分の車でしかETCカードを使えないと思っている方はいませんでしょうか?ですが、それでは余りにも不便だし、その制度だったらここまでETCカードは普及しなかったでしょう。

あくまでもセットアップというのは、車の情報を車載器に紐づけてETCカード自体を使える状態にするだけの作業になりますので、ETCカードと車載器が紐づけられるわけではありません。

【一枚のETCカードは複数の車で使用できる】

上記のように、車載器はETCカードの情報を読み込んで、実際にETCゲートを通過した時に通信をするためにあります。

よって、自分のETCカードで他の家族や知人の車など何台でも使い回すことは可能です。

とくに○台までという制限もありません。

実際にどの車で使っても請求先は自分のクレジットカードなので利用分がまとめて引き落としされるだけです。

ただし、大口・多頻度割引制度のために発行されたETCコーポレートカードに関しては、利用できる車種を届け出る必要があり、決まっているため全く関係ない車などで使用することはできません。

【レンタカーを使った場合】

もちろんですが、自分のETCカードを挿し込んでレンタカーを利用したのでであれば、その間の高速料金はレンタカー会社に支払う必要はありません。

後日、自分のクレジットカードに請求がくるため通常の利用方法と同じと考えてよいでしょう。

もしETCカードも一緒にレンタルした場合は、実費をレンタカー会社に支払う必要があります。

マイレージやクレジット会社の特典のことも考えて、できれば自分のカードを使った方がおトクといえます。

【その他、他の車で使う際の注意事項】

マイレージサービスに登録している人は、他の車でETCカードを使用した場合もマイレージが貯まるかどうか気になるところですが、ポイントも走行料金に応じてきちんと付与されます。

この場合も車載器が違うことなどは一切関係ありませんので安心しましょう。

貯まったポイントを還元して通行料金の割引に利用する際も、どの車に乗ったとしても割引可能です。

また、利用照会サービスについても特に車種の情報の追加の手続きなどは必要ありません。

あくまでも登録しているETCカードにすべての情報が記録されていくだけなので、他の車を使った履歴も後日照会サービスで確認することが可能です。

このように、1枚ETCカードを持っていればいろんな車で使い回すことができ、請求やマイレージなどで不利になることはないのでたいへん便利ということがわかります。