ETCカードの領収書について

とくに法人向けETCカードを発行していない会社などで、急に車で出張に行かねばならなくなった・・・そういったケースもたくさんあります。

ETCカードを持っていない場合は、有人の料金所で走行料金を払い、渡されたレシートが領収書代わりになり経費精算してもらえますが、ETCカードを利用した場合はどうなるのでしょうか?

【ETCで領収書はもらえるのか?】

結論からいいますと、もらえます。

もらえるというより、発行することが可能といった方が正しいでしょう。

名称は領収書ではなく「利用明細書」「利用証明書」と呼ばれていますが、経費精算としてじゅうぶん認められる書面なので安心しましょう。

発行の方法ですが、

・有人の料金所でETCカードを渡して精算してもらい、レシートを受け取る

・ETC利用履歴発行プリンターで印刷する

・ETC利用照会サービスからプリントアウトする

などが挙げられます。

料金所で精算する方法がいちばん確実といえますが、ETCの制度である「その場で料金を払うことなくゲートを通過することができる」というメリットがなくなってしまいます。

ETC利用履歴発行プリンターは高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに設置されているので、立ち寄った際に印刷することができますが、そのために改めて高速道路に乗る手間が生じます。

いちばんオススメなのはやはり利用照会サービスを利用することでしょう。

利用照会サービスへログインし、明細書発行に必要な分だけを選んでプリントアウトすることができるためたいへん便利です。

利用照会サービスに加入していないということであれば、後日になりますがクレジットカード会社から届く明細書でも経費精算に必要な書類と認められますので、それを利用しましょう。

ETCカードを持っている場合

【レンタカーを利用した場合】

ここで問題なのが社用車や自分の車ではなく、レンタカーを利用した場合です。

もし、自分のETCカードを使って高速道路を走行した場合は、利用照会サービスでプリントアウトするかクレジットカードの明細が届くのを待つことになります。

ただし、利用照会サービスを利用する場合はETCカードを挿し込んだ車載器管理番号と、レンタカーのナンバープレート(下4桁)の登録が事前に必要になるため若干面倒ともいえます。

ETCカードも同時に借りた場合は、返却時に精算した時に領収書を発行してもらうだけです。