ETCカードの領収書について

とくに法人向けETCカードを発行していない会社などで、急に車で出張に行かねばならなくなった・・・そういったケースもたくさんあります。

ETCカードを持っていない場合は、有人の料金所で走行料金を払い、渡されたレシートが領収書代わりになり経費精算してもらえますが、ETCカードを利用した場合はどうなるのでしょうか?

ETCで領収書はもらえるのか?

結論からいいますと、もらえます。

もらえるというより、発行することが可能といった方が正しいでしょう。

名称は領収書ではなく「利用明細書」「利用証明書」と呼ばれていますが、経費精算としてじゅうぶん認められる書面なので安心しましょう。

発行の方法ですが、

・有人の料金所でETCカードを渡して精算してもらい、レシートを受け取る

・ETC利用履歴発行プリンターで印刷する

・ETC利用照会サービスからプリントアウトする

などが挙げられます。

料金所で精算する方法がいちばん確実といえますが、ETCの制度である「その場で料金を払うことなくゲートを通過することができる」というメリットがなくなってしまいます。

ETC利用履歴発行プリンターは高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに設置されているので、立ち寄った際に印刷することができますが、そのために改めて高速道路に乗る手間が生じます。

いちばんオススメなのはやはり利用照会サービスを利用することでしょう。

利用照会サービスへログインし、明細書発行に必要な分だけを選んでプリントアウトすることができるためたいへん便利です。

利用照会サービスに加入していないということであれば、後日になりますがクレジットカード会社から届く明細書でも経費精算に必要な書類と認められますので、それを利用しましょう。

ETCカードを持っている場合

レンタカーを利用した場合

ここで問題なのが社用車や自分の車ではなく、レンタカーを利用した場合です。

もし、自分のETCカードを使って高速道路を走行した場合は、利用照会サービスでプリントアウトするかクレジットカードの明細が届くのを待つことになります。

ただし、利用照会サービスを利用する場合はETCカードを挿し込んだ車載器管理番号と、レンタカーのナンバープレート(下4桁)の登録が事前に必要になるため若干面倒ともいえます。

ETCカードも同時に借りた場合は、返却時に精算した時に領収書を発行してもらうだけです。

法人向けETCカードとは何か?

「ETCカード」というと、休日や連休にドライブや旅行を楽しむための個人が使うカードというイメージがあるかと思います。

ですが、高速道路を普段使っているのは一般車だけではありません。

トラックやバス・出張での走行など、業務として高速道路を走行しているドライバーもETCカードを使っています。

この場合は、ドライバーが勤務している会社が法人としてETCカードを発行してもらっています。

法人向けETCカードのメリット

いちばんのメリットとしては、ETCカードを利用した交通費が経費として処理ができることです。

現金での立替が必要なく、走行料金は自動精算されているため、経理管理も楽といえるでしょう。

一般車両と同じく、深夜や休日の割引も適用されるため大幅な経費節減にもつながります。

また、大抵のETCカードにはクレジット機能が付いていますので、法人としての走行料金は一般の人と比べて多額になるためポイントが貯まりやすくなります。

ちなみに、従業員に渡すETCカードは挿し込むためだけのものなので、勝手にクレジットカードを使われることはありません。

マイレージサービスにも登録できますのでマイレージも貯まりやすい点もメリットです。

ちなみに、最近は個人事業主としてトラックドライバーの仕事をしている人も多くいます。

個人事業主も法人カードを作ることが可能です。

ETCコーポレートカードについて

法人向けETCカードももちろんおトクではありますが、大規模な運送会社など、従業員がたくさんいる会社の場合は「ETCコーポレートカード」の発行がオススメといえます。

ETCコーポレートカードとは、大口・多頻度利用の法人を対象に、高速の走行料金を割引することを目的に発行されるETCカードを指します。

1か月の利用額に応じて、最大30%もの料金が割引されるため、ほぼ毎日高速道路を利用するような法人であればコーポレートカードの方がよいでしょう。

他のETCカードと異なる点は、1枚のコーポレートカードに対して紐づけられる車両が1台と決められているため、他の車で使用ができないことです。

事故などで車両を変えることになった場合は再セットアップが必ず必要になります。

また、コーポレートカードはマイレージサービスに登録ができないため、法人の規模や走行料金によっては通常の法人向けETCカードを発行してもらった方がいい場合があるため、法人の担当者はよく検討することが大切といえます。

バイクでETCカードを使いたい

ETCカードが使えるのはもちろん四輪の自動車だけでなく二輪車もその対象となります。

ツーリングを楽しむバイカーには高速道路はなくてはならないものなので、まだ導入していないということであれば、ぜひ導入しましょう。

車とバイクの車載器の違い

もちろんバイクでETCカードを使う場合も車載器が必要です。

ですが、バイク用の車載器は四輪車用の車載器とは仕様の面で異なります。

当然ですがバイクは車と比べて壁などが無く、車載器がむき出しになります。

多少の衝撃に耐えうる耐久性と雨風に強い耐水性が求められるため、車載器の金額も割高となります。

そんなに使わないからといって割安な四輪車用の車載器をバイクに取り付けることはできません。

昔は暗に行われていたようですが、現在は規制が厳しくなっているため警告または罰金が必要になる可能性もあります。

車載器が割高なため、二の足を踏むバイカーもいるかと思いますが時々NEXCOで助成金キャンペーンを行っている時があります。

指定のアンケートに答えて車載器の新規購入・セットアップをすると約10,000~15,000円の助成が行われる仕組みです。

現在は行われていませんので、次回のキャンペーンについてはNEXCOからのお知らせをチェックしておきましょう。

セットアップ、実際の利用方法

バイクの場合も、自動車と同じくセットアップが必要です。

バイクのセットアップに必要なものは、車載器・車検証・運転免許・実際に車載器を取り付けるためのバイク(実車)が必要となります。

セットアップはバイクのセットアップが可能な登録店のみで行うことができます。

また、二輪車用の全ての車載器がどのバイクにも取付可能ではありませんので、車載器を購入する前に登録店で相談しておきましょう。

高速で実際にバイクを走らせ、ETCを通過する方法ですが四輪車とほとんど変わりません。

減速してETCレーンに入りゲートをくぐるだけです。

バイクは小さいのでゲートの中で他の自動車と並走したり、追い抜きが出来そうですが危険行為なので絶対にやめましょう。

四輪と同じく、ETCがうまく作動しなかった場合は事故を防ぐためにバイクを降りたりバックで戻ることもできません。

係員の指示に従いましょう。

高速のレーンによっては、本線の途中など、車の減速が難しいところがあります。

そのような料金所では二輪車推奨レーンがあります。

「二輪ETC左へ」という看板が見えたら、すみやかに左レーンに寄っておきましょう。

一枚のETCカードを複数の車で使いたい

ETCカードを作成した時に、車載器も同時にセットアップしてもらったので、自分の車でしかETCカードを使えないと思っている方はいませんでしょうか?ですが、それでは余りにも不便だし、その制度だったらここまでETCカードは普及しなかったでしょう。

あくまでもセットアップというのは、車の情報を車載器に紐づけてETCカード自体を使える状態にするだけの作業になりますので、ETCカードと車載器が紐づけられるわけではありません。

一枚のETCカードは複数の車で使用できる

上記のように、車載器はETCカードの情報を読み込んで、実際にETCゲートを通過した時に通信をするためにあります。

よって、自分のETCカードで他の家族や知人の車など何台でも使い回すことは可能です。

とくに○台までという制限もありません。

実際にどの車で使っても請求先は自分のクレジットカードなので利用分がまとめて引き落としされるだけです。

ただし、大口・多頻度割引制度のために発行されたETCコーポレートカードに関しては、利用できる車種を届け出る必要があり、決まっているため全く関係ない車などで使用することはできません。

レンタカーを使った場合

もちろんですが、自分のETCカードを挿し込んでレンタカーを利用したのでであれば、その間の高速料金はレンタカー会社に支払う必要はありません。

後日、自分のクレジットカードに請求がくるため通常の利用方法と同じと考えてよいでしょう。

もしETCカードも一緒にレンタルした場合は、実費をレンタカー会社に支払う必要があります。

マイレージやクレジット会社の特典のことも考えて、できれば自分のカードを使った方がおトクといえます。

その他、他の車で使う際の注意事項

マイレージサービスに登録している人は、他の車でETCカードを使用した場合もマイレージが貯まるかどうか気になるところですが、ポイントも走行料金に応じてきちんと付与されます。

この場合も車載器が違うことなどは一切関係ありませんので安心しましょう。

貯まったポイントを還元して通行料金の割引に利用する際も、どの車に乗ったとしても割引可能です。

また、利用照会サービスについても特に車種の情報の追加の手続きなどは必要ありません。

あくまでも登録しているETCカードにすべての情報が記録されていくだけなので、他の車を使った履歴も後日照会サービスで確認することが可能です。

このように、1枚ETCカードを持っていればいろんな車で使い回すことができ、請求やマイレージなどで不利になることはないのでたいへん便利ということがわかります。

レンタカーでETCカードを利用する

新幹線や飛行機での旅先でレンタカーを借りて高速を利用するけどETCカードを忘れてしまったという場合や、ETCカードは持っているけど自動車を持っていないためレンタカーをいつも使っている・・・などいろいろなケースがあります。

レンタカーを利用する際は、ETCカードもいろいろな使い方があります。

自分のETCカードを利用する

現在、各レンタカー会社で扱う車種にはほとんど車載器が設置されており、ETCの利用に対応しています。

もし自分のETCカードを持っているなら、カード会社のポイントや特典を受けられるため、ぜひそのカードを利用しましょう。

利用方法ですが、通常のETCの利用と全く同じで、ETC専用レーンを通過するだけです。

精算は自分のETCカードで行われるため、後日クレジット会社から請求され引き落としされます。

もしETCカードを使わない場合は現金精算となり割引がききませんので注意しましょう。

ETCカードをレンタルする場合

レンタカーで高速を使うけどETCカード自体を持っていない、レンタカーで自分のETCカードを使おうと思ったら、うっかり自分の車の車載器に挿しっぱなしにしていたので忘れてしまった・・・こういったケースの場合はETCカードをレンタルすることができるので安心してください。

ETCカードはほとんどのレンタカー会社で車と一緒に借りることができます。

レンタル料金は数百円なので、ETCカードを持たず現金精算するよりも面倒でなくオススメです。

ただし、カードのレンタル時にデポジットが数千円かかるレンタカー会社もありますのである程度の現金は用意しておきましょう。

気になる道路料金ですが、レンタカーとETCカードを返却する際に一括清算となります。

ETCカードの走行料金は記録されているため、返却時にすぐ精算額がわかるためです。

万が一、通行止めなどでいったん高速を降りなければならない場合、申告と乗り継ぎ証明書の提示で乗り継ぎ料金が精算される仕組みにはなっていますが、一部のレンタカーショップでは、「通行止め時の乗り継ぎ料金調整」が適用外となるときもあるので注意が必要です。

車載器とETCカードのレンタル

車載器とETCカードをセットでレンタルしている会社もありますが、レンタルをするごとにセットアップをし直す必要があります。

その料金がかさむため、レンタル料金は大変高くなっていますのであまりオススメとはいえません。