バイクでETCカードを使いたい

ETCカードが使えるのはもちろん四輪の自動車だけでなく二輪車もその対象となります。

ツーリングを楽しむバイカーには高速道路はなくてはならないものなので、まだ導入していないということであれば、ぜひ導入しましょう。

【車とバイクの車載器の違い】

もちろんバイクでETCカードを使う場合も車載器が必要です。

ですが、バイク用の車載器は四輪車用の車載器とは仕様の面で異なります。

当然ですがバイクは車と比べて壁などが無く、車載器がむき出しになります。

多少の衝撃に耐えうる耐久性と雨風に強い耐水性が求められるため、車載器の金額も割高となります。

そんなに使わないからといって割安な四輪車用の車載器をバイクに取り付けることはできません。

昔は暗に行われていたようですが、現在は規制が厳しくなっているため警告または罰金が必要になる可能性もあります。

車載器が割高なため、二の足を踏むバイカーもいるかと思いますが時々NEXCOで助成金キャンペーンを行っている時があります。

指定のアンケートに答えて車載器の新規購入・セットアップをすると約10000~15,000円の助成が行われる仕組みです。

現在は行われていませんので、次回のキャンペーンについてはNEXCOからのお知らせをチェックしておきましょう。

【セットアップ、実際の利用方法】

バイクの場合も、自動車と同じくセットアップが必要です。

バイクのセットアップに必要なものは、車載器・車検証・運転免許・実際に車載器を取り付けるためのバイク(実車)が必要となります。

セットアップはバイクのセットアップが可能な登録店のみで行うことができます。

また、二輪車用の全ての車載器がどのバイクにも取付可能ではありませんので、車載器を購入する前に登録店で相談しておきましょう。

高速で実際にバイクを走らせ、ETCを通過する方法ですが四輪車とほとんど変わりません。

減速してETCレーンに入りゲートをくぐるだけです。

バイクは小さいのでゲートの中で他の自動車と並走したり、追い抜きが出来そうですが危険行為なので絶対にやめましょう。

四輪と同じく、ETCがうまく作動しなかった場合は事故を防ぐためにバイクを降りたりバックで戻ることもできません。

係員の指示に従いましょう。

高速のレーンによっては、本線の途中など、車の減速が難しいところがあります。

そのような料金所では二輪車推奨レーンがあります。

「二輪ETC左へ」という看板が見えたら、すみやかに左レーンに寄っておきましょう。