ETCカードのお得な使い方 割引料金編

ETCカードは高速道路の走行料金が割安になるだけでなく、使い方によってはさまざまな場面でサービスを受けることができます。

自分の持っているETCカードがどのような優待や割引があるのかを確認して有効利用しましょう。

【ETCカードの割引・優待】

ETCカードを所持しているだけで受けることができるサービスは、曜日や時間帯による道路料金の割引が主なものになります。

平日朝夕割引や深夜割引は、仕事で高速を頻繁に使うドライバーにとっては必須といえるでしょう。

また、休日は遠出や旅行で高速を使ってもらうよう休日割引もあります。

またETCカードを発行した会社で受けられるETCカードの特典もあります。

会社ごとに特典は異なりますが、商業系(デパートやスーパー)のETCカードは高速料金や普段の買い物で使用した金額が所定のポイントとして貯まり、次回のショッピングに充当することができます。

ガソリンスタンド系のETCカードだとガソリン代が割引になるところも多いです。

事情でクレジットなしのETCパーソナルカードを使っている人もいますが、クレジッカードが作れるのであれば特典を多く受けられるためクレジット機能があるETCカードを作った方がおトクです。

【障がい者割引について】

また、身体障がい者についても高速道路を走行する際には50%以下で割引が適用される制度があります。

対象となるのは身体障がい者本人が運転する場合はもちろんですが、「重度の障がいで運転するのが困難な人を同乗させ、障がい者本人以外が運転する」ケースもあてはまります。

障がい者割引を受けるためには、所定の手続きが必ず必要となります。

【障がい者割引の手続き】

手続きの窓口は各市町村の福祉担当となります。

必要な書類は、身体障害者手帳・自動車検査証・運転免許証(本人が運転する場合)・委任状(代理人請求の場合)です。

また、ETCカードを使用する場合は本人名義のETCカードとセットアップを証明する書類が必要となります。

障がい者割引は1台の車につき1人の障がい者(同乗者)と決められているため、ETCカードもまたその車にセットアップされたものに限るためです。

障がい者割引には有効期限があるため、継続して割引を受けるためには更新が必要です。

更新の申請は2か月前から行うことができ、手続きの時と同じ地区町村の福祉窓口です。

車が変わった場合なども変更申請が必ず必要となるので注意しましょう。