法人向けETCカードとは何か?

「ETCカード」というと、休日や連休にドライブや旅行を楽しむための個人が使うカードというイメージがあるかと思います。

ですが、高速道路を普段使っているのは一般車だけではありません。

トラックやバス・出張での走行など、業務として高速道路を走行しているドライバーもETCカードを使っています。

この場合は、ドライバーが勤務している会社が法人としてETCカードを発行してもらっています。

【法人向けETCカードのメリット】

いちばんのメリットとしては、ETCカードを利用した交通費が経費として処理ができることです。

現金での立替が必要なく、走行料金は自動精算されているため、経理管理も楽といえるでしょう。

一般車両と同じく、深夜や休日の割引も適用されるため大幅な経費節減にもつながります。

また、大抵のETCカードにはクレジット機能が付いていますので、法人としての走行料金は一般の人と比べて多額になるためポイントが貯まりやすくなります。

ちなみに、従業員に渡すETCカードは挿し込むためだけのものなので、勝手にクレジットカードを使われることはありません。

マイレージサービスにも登録できますのでマイレージも貯まりやすい点もメリットです。

ちなみに、最近は個人事業主としてトラックドライバーの仕事をしている人も多くいます。

個人事業主も法人カードを作ることが可能です。

【ETCコーポレートカードについて】

法人向けETCカードももちろんおトクではありますが、大規模な運送会社など、従業員がたくさんいる会社の場合は「ETCコーポレートカード」の発行がオススメといえます。

ETCコーポレートカードとは、大口・多頻度利用の法人を対象に、高速の走行料金を割引することを目的に発行されるETCカードを指します。

1か月の利用額に応じて、最大30%もの料金が割引されるため、ほぼ毎日高速道路を利用するような法人であればコーポレートカードの方がよいでしょう。

他のETCカードと異なる点は、1枚のコーポレートカードに対して紐づけられる車両が1台と決められているため、他の車で使用ができないことです。

事故などで車両を変えることになった場合は再セットアップが必ず必要になります。

また、コーポレートカードはマイレージサービスに登録ができないため、法人の規模や走行料金によっては通常の法人向けETCカードを発行してもらった方がいい場合があるため、法人の担当者はよく検討することが大切といえます。